シカゴの名物グルメ情報

アメリカというと、繊細な日本食とは異なり、豪快でボリュームのある食事をするというイメージがあるものです。全体的にたんぱく質や脂質を多く摂取するという食文化であり、どういったものでも1人分の大きさが大きく、日本人では食べきれないことも多かったりするのです。

アメリカは広大な面積を誇る大きな国ですが、たくさんの州があって、その都市もそれぞれ特色があります。ニューヨークやロサンゼルスは国内第一、第二の人口を有する都市ですが、それに続くのがイリノイ州にあるシカゴです。かつて五大湖工業自体の中心地として栄えた歴史もある都市であり、今もこの地域の産業や文化、ビジネス、政治なども発展している状態です。

中でも食文化に関しては、いろいろな美味しいものがあります。そのうちの5つをご紹介しましょう。一つ目がシカゴスタイルのホットドッグです。アメリカというとケチャップを使うホットドッグが有名ですが、シカゴでは一味違うのです。その代わりに使うのがマスタードであり、トマト、玉ねぎ、きゅうり、そして青唐辛子のピクルスなどが入っています。

二つ目には、ポップコーンを挙げることができます。日本でも話題のポップコーン専門店であるギャレットは、シカゴが発祥の地なのです。特にチーズ味とキャラメル味を混ぜたシカゴミックスが人気です。

三つ目はドーナツです。もともとアメリカではおやつなどにドーナツを食する習慣がありますが、このあたりでは朝食にドーナツを食べることも多く、かなり多くの人が朝からドーナツのお店に立ち寄る人も多いようです。今人気のあるのがメープルベーコンになります。

そして四つ目がシカゴピザです。シカゴのピザはディープディッシュピザといわれ、生地が分厚く、中にたっぷりのチーズと肉、野菜が入っていて、絶品なのです。

最後がアメリカといえば、ステーキです。特にこの地域ではシカゴステーキが有名です。かなり多くのステーキハウスがあり、地元の食材を使っていたり、最近は熟成肉が人気でやわらかく、味も香りも優れているのです。