日本からイリノイ州への旅行情報

日本からシカゴへのアクセス

日本からシカゴへの直行便は非常に多くあり、北は札幌から南は沖縄県の那覇空港まで日本全国どこの空港からでも飛ぶことができます。また、航空会社も国内外を問わずほとんどの会社が日本の都市からシカゴへの便を持っています。それだけメジャーな路線と言えます。

ひとつにはシカゴがアメリカ中央部の拠点であるため、シカゴまで飛べばそこからアメリカ各地やヨーロッパ、南米へ比較的便利に行けることができるからでしょう。
つまり航空会社、出発地、出発時間の選択幅が非常に広いアクセスの良い、便利な都市と言えるのではないでしょうか。

ただ、気をつけなければいけないのが日本とアメリカの時差です。シカゴのある中央部はサマータイムなしで日本と15時間時差があります。日本が15時間進んでいます。
シカゴまで直行便での飛行時間が成田からで11時間40分程度です。つまり日本から出発すると日本を発った時よりも3時間ほど時間が逆戻りすることになります。

例えば午前出発のフライトで11時間40分程度乗れば、体は夜を迎えているのですが、シカゴはこれから一日が始まるといった時間帯です。逆にシカゴからですとフライト時間に15時間が足されるので日付も変わってしまいます。

そう考えると時差ボケをどう克服するかが大きな問題かもしれません。ただ、メジャーな路線なので出発時間も午前から午後まで色々ありますし、自分の体調のこと現地での行動パターンを考えてうまく選ぶことも必要でしょう。

アメリカ滞在中の海外旅行保険

アメリカでの医療は、自由診療が基本となっており、その費用は日本は比べものにならないほど高くなっています。
初診料だけで150ドルから500ドルかかり、入院した場合は1日あたり数千ドル(数十万円相当)請求されることも少なくありません。

そのため、日本からアメリカに旅行される際は、海外旅行傷害保険への加入を強くお勧めします。
日本の各保険会社が販売している海外旅行保険は、旅行ツアー会社でも購入できますし、空港で加入することも可能です。また、クレジットカードに付帯している海外旅行保険でも十分な補償が受けられます。
アメリカ・イリノイ州への海外旅行は、海外旅行保険に加入の上、安心してお楽しみください。